« 【三陸】R1200RSで行く南三陸 初日 | トップページ | 【夏休み】R1200RSで行く東北・北海道【豪雨】phase1 »

2018年7月17日 (火)

【三陸】R1200RSで行く南三陸 千秋楽


続き



◆2日目 7月16日(月祝) 曇~雨~晴~豪雨


まさかの濃霧をお見舞いされて一晩明けて、さあどうだ。

今日の日の出は午前4:17とのことだ。目覚ましを4時にかけて臨む。

P_k50182


おおっ

こんな景色なのか。



バルコニー左方向から昇ってくるようだ。
P_k50174

だんだん明るくなってきた。

P_k50167


かなり良い感じにはなってきたが雲が多いか。

P_k50161





水平線からは顔を出しているだろう。

P_k50170



が、この後は厚い雲の後ろへ昇っていってしまった。
御来光にはあやかれなかった。

Img_4832



というわけで、もう一眠り。

朝食は午前6:30からだが、朝イチは混むだろうと思い、7:00頃向かったら空いていた。

バイキング形式で品は多い。朝食で売りの「自分で作れる海鮮丼」だが、
これは期待しない方が良い。乗せるものが無い。

しかし。朝から唐揚げがあったのは高評価。
なお、撮ってない。



ホテル内。

P_k50186




まだ新しいせいか、全般広い。部屋の風呂もオーシャンビューだがここは狭い。

P_k50144



今日は陸前高田の一本松へ行こうと思う。
生木のうちに見たかったが仕方あるまい。

まずは給油。看板見て驚愕。こんなん助かるわけが無い。

P_k50190


昨日もずっと三陸を走ってきて思ったが、まだまだ堤防造成や道路、橋梁など復興作業の真っ最中である。

P_k50208



旧道の駅だが外壁のイラストが何かを暗示していたのだろうか。

P_k50193



一本松茶屋というパーキングに停めて松まで結構歩く。
P_k50194


茨城県も被災地とはいえ、ここには圧倒されてしまう。
観光気分でバイク乗りつけて、そこらじゅう撮影しブログアップして、と
良く思わない人も多いだろう。

報道で見てた場所をまた現地で、自分の目で見るというのはまた違う。

P_k50212
生で見るから思うことも考えることも多かった。



当時の建物も少し残っていた。
P_k50200



見えてきた。枯死が確認されモニュメント化した松の木。
避雷針が設置され「工作物」となってしまっていた。

P_k50195


根元まで近づける。奥のユースホステルは当時のまま残されている。
再開発後もこのまま保存されるようだ。

P_k50202



波でここまでなるんだろうか、と思う崩壊状態。たとえ鉄筋コンクリートでも大丈夫という事は無いんだな。


P_k50203



一本松の葉の部分てどうしてるんでしょうかね。

P_k50198



近くの中学校跡にも行ってみた。ここも当時のまま残っている。
こういう建物を見てきて、ここにいた人は助かったのだろうか、いやどのくらいが生き延びたのだろうか、と思う。
自分ならどうしただろうか。その時が来たら何ができるのだろうか。

中学校の写真は掲載しないこととします。色んな話を聞いたからです。



ここから一般道を南下していく。国道45号、398号にて気仙沼、女川へと向かう。

海沿いの新旧入り混じる道を走るが、どこまで波が来たか、という看板と施工中の大きな堤防がひたすら続く。
一般車のほとんどが三陸道へ乗るため下道は現場に向かうダンプがほとんど。

祝日だが仕事で走り回る工事車輌と一緒に走りながらだと、とてもツーリングという気分では無くなってくる。

まだ三陸では遊びで走っている自身がひどく場違いな気がしてくる。


女川に入ると強い雨が降ってきた。とにかく東北では天気に恵まれない。
東北の晴れた空の色は何色なのだろう。一度だけでも雲ひとつ無い晴天を見てみたい。


Img_4836



帰り仙台によるつもりでいたが雨のため帰ることにする。

東北道に戻るのも面倒なので常磐道にて南下する。

亘理を過ぎて晴れたが、茨城県内に入り中郷あたりで豪雨。

P_k50215




遅い昼食がてら雨宿り。


止んだようなので出発するが、日立からまた豪雨。もう面倒でカッパは着なかったため、
2人ともずぶ濡れのまま走る。
もう土砂降りだ。先程まではレーダーに無かった強い雨雲が発生したようだ。



生乾きのまま自宅到着。

事故無く無事に帰ってこれた。色々なことはあるがバイクツーリングはいいですね。


本日の走行480kmくらい。

|

« 【三陸】R1200RSで行く南三陸 初日 | トップページ | 【夏休み】R1200RSで行く東北・北海道【豪雨】phase1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【三陸】R1200RSで行く南三陸 千秋楽:

« 【三陸】R1200RSで行く南三陸 初日 | トップページ | 【夏休み】R1200RSで行く東北・北海道【豪雨】phase1 »