« 【霧降】2017年、まずはここから【日塩もみじライン】 | トップページ | 【千葉】R1200RSで行く穴巡り »

2017年5月 4日 (木)

【ND】マツダロードスターで行く東北【2017GW】

妻がヘソクリでNDロードスターを買ってしまった2017年の春。

4耐での筑波サーキット試乗会ですっかりマツダの術中にはまったようだ。

P_k58442


レザーパッケージ、6MT、アークティックホワイト、純正OPのみで社外品は無し。

P_k58684

私も初めてのオープンカーだ。MTに乗るのはほぼ10年ぶり。

非常に乗りやすく、MTである事を忘れてしまいそうなほど。
ギアのレンジも広く、1500ccにしては十分なトルクで加速が心地よい。

今回は「白いの」と名づけたNDロードスター初の遠出として蔵王へ1泊ツーリングへと出かけました。



◆4月30日(日) 雨から晴れ

今年のGW前半は2人とも仕事だったりなので、当日も夜勤明けの妻を都内まで迎えに行ってそのまま東北へ向かう。

午前3時自宅出発、同4時都内経由、東北道を北上する。
連休初盤とはいえ早朝のためか渋滞は無し。


どこに行くとも全く決めていなかったため、迷った末、何年ぶりかの川渡温泉へ。

P_k58649

桜は散り始めてしまっていたが、菜の花は黄色の絨毯を広げていました。

P_k58619

桜と菜の花が同時に満開になる事は少ないらしいので、これはこれで良かったかも。

P_k58608

P_k58668

駐車場が満車で近くの小学校に誘導されましたが、雰囲気の良い桜並木を歩いてこれるので、こちらの方が良かったですね。

もう散っていましたが、満開の頃はさぞ見事だったでしょう。

P_k58581


道の途中で立派に花を付ける桃の木で。

P_k58589

P_k58599

P_k58585

P_k58592

僅かながら芝桜。

P_k58656

チューリップと。

P_k58662


艶やかな花に魅せられたら、次はメシだ。今度は南下して村田方面へ。

何を食べようか全く思いつかないため、とりあえず遠刈田方面へ向かう。

P_k58683

途中の蔵王えぼしスキー場でスイセンを嗜んでいく。

P_k58687

ここまで来ても腹が決まらないため、とりあえず肉を食べる事にする。

P_k58695

遠刈田の中心部からはずれにあるベルツ。30分待って入店。
メニュー見る限りこの量でこの価格は無いだろと思えたが、食べたら結構溜まった。

P_k58694

さあいよいよエコーラインだ。
バイクで何年か前、同じ時期に来た時はまだ開通しておらず凍えながら帰ってきた記憶だが、今年はバイクも多くしっかり開通しているようだ。

P_k58706

しっかり雪の壁が残っていました。

P_k58779


日中は凍結も無く快適だが、17時~夜間は通行止め。気温は12℃。バイクなら冬装備だ。

P_k58793


尾根に山スキーのラインが見えるがどこでストップしたのだろうか。

P_k58786

久しぶりなので、お釜にも寄ってみましたが、風が強く寒い!上着が活躍しました。
急激に冷えのと気圧の変化で耳が痛い。地面の土は凍結した雪を含みズブズブ。

P_k58819


なんだか分かりゃあしないが、お釜に向かってスキーの跡が・・

P_k58828


再びエコーラインのワインディングを楽しみながら、蔵王温泉到着。
蔵王はこれから桜が咲くそうです。

Img_3947


蔵王ロープウェイからほど近い、蔵王四季のホテル泊。
じゃらんではハイクラス指定のちょっといいところだが平日扱いなのと早期予約のせいか、
意外と安く取れた。

P_k58858


フロに興味があってここにしたのですが、正解でした。
蔵王の湯はやっぱり効いて、沁みます。

ホテルから108歩のところにある離れにある、離れ湯 百八歩(そのまんま)

P_k58859

内湯の方が鮮度が高いと思いましたが、湯の花は露天の方が多いです。

Img_3953

泉質からすると長湯はダメなタイプですが、入っちゃいますね~

Img_3952

内湯も露天もかけながし。加温加水無しながらも注ぎの湯量は十分だ。
含硫黄-アルミニウム-硫酸塩-塩化物泉(低張性)、と蔵王ならではの泉質。

慣れてない人は、口に含めば吐き出してしまう酸性の湯。
お肌ツルツルどころかバリバリ焼ききってしまう強さ。

草津の湯に近い。私はこういう強いお湯ドバドバが好きだ。

久しぶりに宿泊でしっかり温泉に浸かった後は、

P_k58852

食事は期待していませんでしたが、十分な量と味でした。なお、夕・朝ともレストランです。

やはり山形の米(はえぬき)はウマい!3杯いきました。
ちなみに自宅でもスーパーで売ってるはえぬきを使用しているが、まるで味が違う!
水、これだよやはり。

P_k58848

2人には大きい部屋。これで標準タイプだそう。

P_k58838

二つ貰えるルームキーや、裁縫セット、良くある選べる浴衣など備品やアメニティはさすが。

P_k58842

空の冷蔵庫、冷水入りポット、二つある洗面台、網戸がしっかりしていて開閉できる窓、全てのサイズが備え付けてある浴衣、と
細かいところが嬉しい。

P_k58847

夜勤明け&仮眠無しの2人は落ちるように21時就寝。




◆5月1日(月) くもり~(雨)~晴れ

乾燥を嫌い空調をOFFにして寝たが、喉をやられた。
鼻も詰まり、口呼吸になってたせいか顔の周りの調子が頗る悪い。

6時に起きて、またフロに行く。毎日入りたい。


百八歩の湯の隣のは、その向かいにある別のホテルのもの。
しかし、ホテルの人曰く「誰も受付している訳ではないですから普通に入れますから」ニヤッ

P_k58860


そのお隣のホテルの裏に湖があって、そのまわりをミズバショウが囲っている。

P_k58868


写真なんかでは記憶があっても、自生しているのを見るのは初めてだ。

P_k58872


名前からして水辺に咲くのかとおもったが、割とにょきにょき生えてるもんだ。

P_k58863


今日は運転を妻に代わり(持ち主なのだから代わるというのはややアレ)、仙台へ向かう。

う~ん、ガレージとロードスターが良く合う。

P_k58897

LYNXさんのガレージに来る際はたいがい何かしらの自慢を持って挨拶としているような気がする。
今回も漏れなくそうだ。

P_k58890
お邪魔しました~次はバイクですね。



今年も収穫時期ですね。

P_k58898

帰りにマックスフリッツ仙台店へ寄って、妻はブーツを購入し、店長様から新作のブーツを強く勧められましたが、予約しているものを待つという鬼の心で帰宅しました。

関東は雨が降ったようですが、こちらが通過するときは晴れに変わっていました。


2日間で1,000kmの旅ですが、運転している方が楽。
助手席は狭すぎるうえ当然リクライニングもできないため寝るに寝られず、
結果は分かってましたが、400km/日を超える長距離はきびしいなあ。



|

« 【霧降】2017年、まずはここから【日塩もみじライン】 | トップページ | 【千葉】R1200RSで行く穴巡り »

コメント

先日お邪魔したM3親父です。春真っ盛りですね!次回のコースにしたいと思います。
ロードスターは私も欲しい車の1台です。
ただ自分の体形?を考えると厳しいかな?と思う車です。
某M3は比較的広い車内ですね
私の先日鬼怒川経由で大内宿に行きました。桜が見ごろでした。

投稿: m3oyadie | 2017年5月 4日 (木) 21時18分

>>m3oyadieさん

こんにちは!
本当は八幡平アスピーテラインまで行きたかったのですが、なにしろ狭くて心が折れました・・
ロードスターは細身か女性の方がいいかも知れませんが、意外と乗れちゃいました。
ちなみに私の体形ではマツダFDとNCロードスターは狭くて乗れませんでした。
大内宿ですかいいですね。GWは混みそうですが。

投稿: 盛(主) | 2017年5月 4日 (木) 22時03分

2日でしたので比較的空いていたと思います。定番のネギそばを食してきました。
帰路は白河ICから東北道 矢板ICから下道でした。
那須ボルケーノハイウェイを通れば良かったなーと後悔しています。
助手席に鬼嫁?が居ると思い通りに走れませんね・・・
後半の休みで安曇野方面に行ってきます。
また報告します!

投稿: m3oyadie | 2017年5月 4日 (木) 22時31分

>>m3oyadieさん

2日は凄い晴れていたので良かったでしょうね~
ボルケーノハイウェイは地図上わざわざ遠回りするルートなので
同乗者様の合意がないと難しいかも知れませんね。
遠回りしてでもわざわざ通りたいルートですが・・

安曇野いいですね!私もGW後半は白馬方面考えてましたが、
近場ふらふらして終わりそうです。
どうかお気をつけて!


投稿: 盛(主) | 2017年5月 5日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/65234914

この記事へのトラックバック一覧です: 【ND】マツダロードスターで行く東北【2017GW】:

« 【霧降】2017年、まずはここから【日塩もみじライン】 | トップページ | 【千葉】R1200RSで行く穴巡り »