« R1200RSで行く2016北海道① | トップページ | R1200RSで行く2016北海道③ »

2016年7月24日 (日)

R1200RSで行く2016北海道②

2016年北海道ツーリング第2部、3日目からです。

なお前回の記録はこちら → R1200RSで行く2016北海道①


※文中の「最北」「日本最北端」という語句は2016年7月現在、一般人がバイクで到達可能な地域を指して用います。

◆7月14日(木) 晴/曇  小樽~留萌~サロベツ~稚内

3日目の朝。小樽スマイルホテルのバイク置場より。0630出発。

P_k53645


今日はひたすら北上する計画。ちなみに今日走るところは全て人生初の場所ばかり。

1



昨日走った感じでは一般道でも混雑によるロスは無いとみて、今日は全て一般道でゴールを目指す事にした。

P_k53649


石狩市に入り国道231号オロロンラインを北上していく。交通量少なく快適な道が続く。

P_k53651


石狩湾を左手に、増毛の手前にあった白銀の滝というパーキングでトイレ休憩。

P_k53653


水が落ちる先はすぐに海に直結している。
川となって海に注がれるのではなく海にダイレクトにフォールしている珍しい滝だが、
後ほど分かってくるが北海道はこれが普通のようだ。

P_k53656



どこだっか、道の駅にて休憩。そういえばまだ朝飯を食べていない。

P_k53657


この時期しか食べられないウニ丼やら海鮮やら現地でウマいものを食べようとしたらある程度の出費は仕方ないことだが、
北海道の食に興味の無い妻に価値観を理解してもらえず骨を折る事になる。

もし昨日、ウニ丼にありつけなかったらと保険のために計画しておいた
留萌の蛇の目寿司、小平(おびら)のすみれだが上記の理由及び開店前だったという事で次々と通過する名店を横目に涙が出そうになる。

一度は通過したが、空腹もあり引き返した羽幌にある北のにしん屋さんへ行く。

P_k53668


甘エビがイチオシな渋谷水産という直売所と一緒になっている。1100開店。

手前にどんぶりサイズが分かるように器が置いてあるが、海鮮丼は巨大。
価格は直売所が運営という事もあり、かなり安く設定されてあり大変嬉しい。
店内はカウンター席10と座敷4×3があった。

P_k53663
ウニ丼やイクラ丼も捨てがたいが・・

はほろ丼。1200円。このボリュームとネタでこの価格は紹介しない訳にいかない。

丼:ウニ・留萌特産数の子・カニミソ・甘えび・イカ・サバ・ホタテ・イクラ・イナダかワラサ・玉子
汁:牡蠣とハマグリのような大き目の二枚貝だが貝の色が茶色
小皿:生わかめ・何かの肝×2、赤身魚のカマ煮つけ
ネタ山盛り、ウニ・数の子コリコリ・ミソだけでも幸せなのに~とにかく新鮮でひとつひとつが全て美味しい。

P_k53666


三色丼。1600円。ネタは日替わりだが当日は、ホタテ・ツブ貝・甘えび。
ホタテの量が多く貝好きには堪らないでしょう。

Img_2889

ここはお勧めです。ウニに飽きたらここへ。(飽きるほど食べてみたいですが)



やっと朝食兼昼食にありつけ、また北を目指す。

地図を見るとかなり北までやってきた。

天塩に入り国道から道道106号線に入り、天塩川海浜公園で休憩。うっすら利尻島が見えています。

P_k53669


向かう方向にオトンルイの風車が。

P_k53670



サロベツ原野手前にあるオトンルイ風力発電所。発電所なので仕方が無いが高圧線が邪魔ですね。

P_k53675


北海道でしか見られない折りたたみ傘がひっくり返ったような植物が印象的。

P_k53684


サロベツ原野を走る。

P_k53699



利尻富士は霞んでました。

P_k53706


原野と海と、直線道路。

P_k53705

P_k53703


目指す最北の地まであと少しです。

P_k53711


寄り道して、最北の無人駅、抜海駅へ。

P_k53717_2  


乗り遅れようもんなら大変ですね。

P_k53715


たまたま稚内方面からキハ183特急サロベツ(国鉄特急エンブレムが残ってる)が通過していきました。
1日1往復しかしない特急でしたがタイミング良く撮る事ができて嬉しいです。
ヘッドマークもサロベツ原野から見える利尻富士ですね。稚内から宗谷本線を約5時間かけて札幌まで走る特急です。

P_k53724


14時頃、ノシャップ岬に到着! 岬の手前から雲行きが怪しく風もあり肌寒い。気温16℃。

P_k53749


ノシャップは漢字変換ができないですね。納沙布はできるのに。

P_k53750


ここで少しお土産を買い込み、宿泊先の稚内市内へ向かう。
駅・道の駅・商業施設が一体となっている大きなターミナル。
東急バスみたいな色のバスがいるため画像からはここが日本最北端の駅とは思えない。

P_k53758

Img_2923

P_k53777

枕崎から3,000km以上あるんですね。軌道幅が違う所があるとはいえ、そこまで一本の線路で繋がっていると思うと感慨深いです。

P_k53771


これまた偶然にも最北の駅でキハ261系スーパー宗谷に逢えました。

P_k53761

P_k53760


丁度出発していくところでした。261系の起動加速度は2.2km/h/sとあるが高出力DEの加速は力強く先を急ぐように、あっという間に出発していきました。

ここから5時間弱かけて札幌まで。今度SUBARUに社名変更する富士重工製の車体。

P_k53767

札幌までの旅客料金がその距離を感じさせます。

P_k53774


サハリン航路が気になる。

P_k53775


16時頃ドーミーイン稚内到着。値は張るがここにして正解だった。その内容は次回。

夕飯はホテル近くのラーメン「青い鳥」。のれんとのぼりが片付けられているが、
営業中は真ん中のガラス戸に赤い暖簾、ベンチ脇のおもりに赤いのぼりが立つ。

Img_2942


簡素な構えから色々不安な気持ちになるが・・

塩わかめラーメン。

P_k53782


一番人気、塩ラーメン。

P_k53783

稚内と言うと、しじみラーメンの方が知られているかもだが、
澄み切ったスープが特徴のこの塩ラーメンは今まで食べた中で5本の指に入るくらい美味しい。
スープが最後まで美味しく飲めます。
他人様がオーダーしてたチャーハンも見るからに美味しそうだった。

7月の平均気温が17℃に達しない稚内では熱いラーメンや、店名が大変気になるおでん屋がありがたい。

P_k53781


ホテル近くの道路でやせ細ったキタキツネ(野良)に出くわした。

P_k53753


最初、ぱっと見、犬かと思ったが耳と尾に特徴があるのでキツネと分かった。

P_k53756


エキノコックスがあるので決して触らず、エサもあげぬ様に遠くから撮影。
地元の人は大して気にしてなくて、北海道らしいと言えばそうだし・・

P_k53757

稚内、凄ェ!(彼岸島の影響が抜けない)


本日の走行 344km

|

« R1200RSで行く2016北海道① | トップページ | R1200RSで行く2016北海道③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/63957486

この記事へのトラックバック一覧です: R1200RSで行く2016北海道②:

« R1200RSで行く2016北海道① | トップページ | R1200RSで行く2016北海道③ »