« R1200RSで行くそこら辺ちょい乗り | トップページ | R1200RSで行く奥日光~金精峠 »

2015年10月25日 (日)

R1200RSで行く草津温泉 ほか

10月18日に応募していた観艦式の乗艦申し込みがものの見事に外れ、
お誘いを受けていた1泊2日の草津ツーリングに参加させて頂いたレポ。

まずはツーリングに全く関係の無い、10月10日に横浜港大桟橋に着艦したDDH183いずもに乗艦した写真を少しだけ・・

Imgp0017_2


画像でしか見た事のなかったいずもが目の前に停泊している事に感激し撮って撮って撮りまくった。

Imgp0046


とにかくその大きさに圧倒されるばかり。

Imgp0094


60Jが9機で最大?またまたぁ~

Imgp0181

横浜から横須賀にも行ったのですが、首都高から磯子の「かが」が見えました!
写真は撮れませんでしたが一緒に行った会社の同僚と「かがだ!」と叫んでしまいました。

あんまり載せすぎると趣旨がずれるのでこれでお仕舞い。
リクエストあれば、いずも乗艦記録と護衛艦の写真で1話書きますw

Imgp0247

こういうのは完全に男の世界だと思っていたが、意外に女性が多いということ。
3年後、世界情勢がどうなってるかは分からないけど次は航行中に乗艦したい。



で、本題。


◆1日目:10月17日(土)曇り一時雨

もう何度目の草津だろうか。幾度訪れても決して飽きる事は無い。
何度も走った道でも、何度も行った場所でも、その名湯がある限り行き続けようと思う場所のひとつ。

なんとも久しぶりのマスツー?(とは言ってもバイクは総勢6台)なので少し緊張気味。

元々集団で走る事が好きでは無いので避けてきた手段だが、1年に1回程度なら非常に良い刺激となる。

久しぶりすぎて人に合わせる時間配分を間違い、高坂SA集合に間に合わず、直接昼食場所に向かう失態を晒す。

まずは高崎のイタリアンレストランシャンゴ。
ボリューミーで男も満足。人気店なのでしょうか。出る頃にはウェイティングが。

Imgp0261


この後、久しぶりに連なって走るが

”付いて行くツーリングは大変楽だ”

という事に尽きる。

ここからは写真が中心です。(決して書くのが面倒くさい訳ではございません)


10月17日の榛名湖周辺紅葉状況。

Imgp0264


メンバーはほぼいつもの人達。BMW×4、CB400系統×2。♂×3、♀×3。平均年齢は自重。

Imgp0267


標高が上がるにつれて色づき始める。

Imgp0272


電線さえなければ。タンクボコボコですが。

Imgp0279


草津は中沢ビレッジ泊。草津にこんな場所があったんですね。
コテージ式のほうに宿泊でして、キッチン装備なので大勢でワイワイやるにはいいでしょうね。

Imgp0344

目の前に駐車可能。

Imgp0292

何カットか。

Imgp0290

Imgp0340

Imgp0297

Imgp0315

Imgp0323

Imgp0403

Imgp0351

Imgp0409

Imgp0339

Imgp0417


エキパイが「朽ちている」と話題になったCB400SF

Imgp0378

Imgp0401

載せないと怒られるから

Imgp0386

夕食はホテルでバイキング。バイク乗りは大食漢が多い。
夜は騒いで就寝。


◆2日目:10月18日(日)快晴

ツーリング日和とはまさにこういう日をいうのだろう。
標高の割りに朝から雲ひとつない快晴。

Imgp0397


集合写真。

Imgp0424


遅い朝から出発し、山間を走る。温泉水で染まった品木ダム。
温泉水の酸を中和させるため薬品を混入し堤体自体が白くなっています。

Imgp0426


この後、このダムで声を掛けられた地元観光案内の「会長」に勧められたチャツボミコケ公園へと向かいます。
受付に300円かかります。

Imgp0459


「ダート」は無い、と聞いて付いていったが駐車場までの見事なガレ場に震撼させられる。

降雨直後は大変な危険な状態になると予想される道のため注意されたし。

受付所から更に1kmほどガレ場を走ることになる。苦手な人はお勧めしないスポットである。
下記の駐車場まで観光バスも登ってくる所のため地盤は潰されていはいるが、雨で土が流されているためいい感じにダートとなっている。

Imgp0435


だが紅葉は見事。

Imgp0444


温泉水が流れる川にしか生息しない貴重なコケだそうだ。

Imgp0449


紅葉なら晴れ、コケを観る・撮るなら雨天のほうが良いと思う。

Imgp0454


背後からカメラを構え、わずか1秒でこの距離感から自身の死角を見極めるポージング。
撮る側からしても相手に不足は無い。
隙を狙う私からすると、このような被写体は全力で挑むべき強敵である。

タイトル「三段活用」

Imgp0463


隙を見せるのは軍隊歩行をする妻だけである。

Imgp0465

帰りがけに今回のメンバーさんが見つけてくれた秘湯へ寄りました。
品木ダムから程近い場所にある喜久とうふ店さんで受付して料金を払い鍵を預かります。

Imgp0469


画像はありませんが野性味溢れる温泉です。
川沿いの露天風呂のみで男女別となっていました。
男性側の方が大きく一度に20人位は入れるのではないでしょうか。
湯量も多く温度は40度くらいと感じました。お湯は少ししょっぱく草津とは大分違う温泉です。

帰りに鍵を返却して豆乳湯葉を頂きましたが、濃厚で甘く大変おいしかったです。

Imgp0470

以上、草津より。

|

« R1200RSで行くそこら辺ちょい乗り | トップページ | R1200RSで行く奥日光~金精峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/62543076

この記事へのトラックバック一覧です: R1200RSで行く草津温泉 ほか:

« R1200RSで行くそこら辺ちょい乗り | トップページ | R1200RSで行く奥日光~金精峠 »