« R1200RSで行く草津温泉 ほか | トップページ | R1200RSで行く沼田・利根・片品、最後の紅葉 »

2015年10月31日 (土)

R1200RSで行く奥日光~金精峠

仕事で沼田方面へ行った際、紅葉が見頃だったため思いつきで向かった日光~沼田ツーリングレポ。



◆10月31日(土)曇り時々晴れ

日光の渋滞を避けるべく午前6時に出発。気温13℃
レブイットign2(ライナー込)+純正ウィンドブレーカーで大丈夫だろうと思ったがこれが甘かった。

今回ルートは以下にて。

出発・帰着点をモトラッドつくばとして、

常磐道~外環~東北道~日光宇都宮道路~いろは坂~奥日光湯元~金精峠~片品村~沼田IC~ひたすら高速道路。

Photo

幾度も走ったコースだが、やはり外環と東北道の渋滞にはまる。
距離は嵩んでも北関東道経由が間違いないようだ。

栃木県内に入り、日光が近づくと気温がみるみる下がっていく。
空には厚い雲がかかっているため陽が当たらず体感温度も下がっていく。

Imgp0631



中禅寺湖畔は落葉でほぼシーズン終わり。残り少ない紅葉を観る。

Imgp0634


すっかり冷えてしまった身体を少しでも温めたく湖畔の喫茶店でモーニングコーヒーをキメるが・・

冷えからの復活は難しく、とにかく早く奥日光で温泉に浸かろうという事で先へ進む。

戦場ヶ原付近の様子。冬がすぐそこまで来ている。

Imgp0639


まだガラガラのいろは坂をRSで初めて走る。相変わらず良く曲がる。
ただ身体が冷え切っていて、乗る側がまるでいう事を聞かない(泣

午前9:30頃、奥日光湯元へ到着。外気温6℃

この時間から入れる日帰り温泉となると温泉寺があるが、何度か訪れた「ゆの香」さんへ向かう。
9時オープン、入浴料700円、源泉に最も近く当然かけ流し。

Imgp0642

内湯と露天があるが大変狭い。
内湯は詰めても3名、露天は2名が限界。700円の入浴料は高いと感じるかも知れないが・・

湯は大変熱く、温泉の成分が油膜のようになって浮いている超効きそうな温泉。熱く濃い湯を求めるなら奥日光は至高の湯である。
硫黄の香りと緑白濁した湯が凍りついた指先や身体を一気に溶かしていく。

効く。とにかく効く。

気温が極端に低い金精峠超え前にここで身体を温めて臨むのが良い。

峠の気温が少し上がるのを待つため、久しぶりに源泉見学。

Imgp0645


湧き出る源泉・・少し頂けないでしょうか

Imgp0646



ここもそろそろ冬景色でしょうね。

Imgp0651

Imgp0656


すっかりぽかぽかになったところで金精峠へ。

実はここは3年前の同じ時期にツーリングに来た際、まさかの降雪&積雪でUターンできず、
あえなく私も妻、2台とも転倒しF800STに至ってはシフトペダルが破損するという自走不能になった鬼門である。
(幸い、近くの土産店でプライヤーを借りペダルを加工し応急処置をして自走できた)

ちなみに本人のブログを読み返すと、この時の気温は-2℃で転倒しロードサービスを呼ぼうとしたら圏外で絶望し、
峠のトンネル内では雪のため4輪が事故を起こしていたりと修羅の国だったようだ。

(念のためここ数日の天気やバイクが何台も峠へ向かった&対向車がこちら側に来たのを確認し、通行可能なことを調べて向かう事にした。)


雪さえなければ峠道(国道120号線)は快走路そのものだ。
「生まれ変わった私はどうだ!亜qz◆swxでcf※rvtg?byhぬjみk!!」と捨て台詞を吐いて峠越えを達成したのである。

なお、峠付近の気温は、2℃

幸い峠部分が晴れていたのは今回ツキがこちらにあるように思えた。


金精峠を超え、群馬県側に入ると一気に目を楽しませてくれる。

Imgp0659


どこで撮影しようか迷うほど良いポイントがたくさんある。

Imgp0660


(路面と木のそびえる角度がおかしいのは右に向かって下り勾配のため)

Imgp0661


風景に溶け込むボデー色は羨ましい。

Imgp0662



青色は紅葉に難しい。

Imgp0666



国道120号線、沼田ICまで紅葉が見ごろ。落葉が始まっているがあと一週間は大丈夫な感じだ。

Imgp0667

Imgp0668

Imgp0674

Imgp0684

Imgp0682


吹割の滝、下流。

Imgp0688


吹割大橋から。

Imgp0689


パイクを停めて歩くだけでも、

Imgp0696


撮りたいフレームがたくさんあるが、

Imgp0697


撮ると何者かが入り込んでくる。

Imgp0700


今年の紅葉ツーリングはこれで終わりかな。

Imgp0704



丁度、お昼なので某コニカミノルタCBR嬢に教えてもらった「ゆき藤」へ行く。
最近お見かけしてませんが生きてらっしゃるのでしょうか。

Imgp0705


「おしり~」「所沢君~」など何やら怪しいメニューは健在。

名物は「かつ丼 世界一」 是非、挑戦を。

とにかく量の多いとんかつ屋。昼は入店待ちの列ができますがツーリンクではお勧めです。

手前:かつ丼 川場(つけめん付)
奥:かつ丼 利根

Imgp0709



あとは高速道路で帰るだけ。

本日の走行、485km。日帰りはこれくらいが走った感があり丁度い。

日帰りでも、温泉(特に掛け流しを選ぶ)+ご当地のメシは達成感を得られる重要なファクターだと今更気づく2015年も後2ヶ月の晩秋の頃。

※1年後の自分たちへ

10月末の奥日光・金精峠は現在地の気温マイナス12度。

ign2や皮では寒く冬ウェアが望ましい。どうしてもign2ならライナー+モンベル+モンベルダウンまたは、

ライナー+モンベル+ウィンドブレーカーが必須。下はger2+ライナーでいける。プロサマー・ネックウォーマー。

|

« R1200RSで行く草津温泉 ほか | トップページ | R1200RSで行く沼田・利根・片品、最後の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/62588118

この記事へのトラックバック一覧です: R1200RSで行く奥日光~金精峠:

« R1200RSで行く草津温泉 ほか | トップページ | R1200RSで行く沼田・利根・片品、最後の紅葉 »