« 2015年6月28日 | トップページ | 2015年8月8日 »

2015年7月20日 (月)

R1200RSといわきへ。やっと1,000kmです。

梅雨明けした関東のこの連休でようやく1,000km越え。

R1200RSの情報があまりにも少ないようなので、前回からさらに気づいてた事や機能、
走りこんだインプレも追記していきます。

(※インプレは個人的主観であり2007年式R1200Rと比べた場合も含みます)


まずは中二病をこじらせた結果から。

のっぺりしたパニアをどうにかカスタムしたくて施したカッティングシートとエンブレム。

Imgp9321

カッティングシートはネットで探した業者に製作してもらい自分で水貼り。
エンブレムは四輪用ステアリング用で直径45mmのものだが、これがぺらぺらで薄い上、
中央部分にかけて湾曲しているためパニアの形と合わず肉厚の両面テープで接着している。
仕上がりがイマイチなためこれはいずれ交換するとしよう。

ボディカラーに合わせ黒・青・白にて文字色製作。

Imgp9387


いちいちドイツ語にするあたり典型的な「やっちゃった」感だが飽きたら剝がそう。

Imgp9322


スモークスクリーンもクリアに比べると無骨な印象になってしまったため、こんな感じに。

Imgp9323


文字色は灰色。
Imgp9325


7月12日に会社の人からお誘いを受け鎌倉へ。

バイクは私たちだけでしたが夏の鎌倉という「渋滞」「狭い路地」「熱」という条件からのインプレです。

◆渋滞
①高速道路
 ・試しにすり抜けしてみましたが、機動性は◎
 ・ただしつい速度が出てしまうため危険でありお勧め度×
②すり抜けできない一般道
 ・低速のバランスも大変優秀でリアブレーキを引きずらなくてもノロノロ安定性○
 ・ただしラジエーターの電動ファン排熱で死ねる

◆狭い路地
 ・フルステアでも安定するため細かい右左折もそんなに苦では無い。
 ・重量をあまり感じさせないためふらつきも少ない。

◆熱(エンジンからの排熱)
 ・これはどうにもならん。超暑い。メッシュパンツをこれほど呪った事は無い。

Imgp9335



7月19日、関東地方梅雨明けそして夏休み開始。

今年も夏がやってきました。

Imgp9408


今年の夏休みはどこに行けるかな。(仕事だよ♪)

Imgp9414



7月20日は3年ぶりとなるbanbanさんご夫妻へ会いにいわきへ。
突撃訪問すみませんでした。楽しいひと時大変有意義に過ごさせて頂きました。
おかげでRSが覚醒したかも知れません。

左からR1200GS、R1200ST、F800ST、R1200RSとなかなか揃わない車種でのひとコマ。

Imgp9477



※ここから本文と画像が一致しなくなりますのでご了承下さい。

Imgp0011



納車以来やっとまともに走れた高速ワインディングの偉そうなズブの素人インプレ。

D-ESAの設定・・ROAD
ライディングモードの設定・・DYNAMIC
積載の設定・・人+荷物

「良く曲がる」とはこういう事を言うのか、と改めて感じました。
・タイトなコーナーもシャープに切り込んでいく絶対の安心感がある
・とにかく速いコーナー後半の立ち上がり
・橋の継ぎ目などの大きな段差は拾えないものの舗装の荒れはD-ESAとDTCでかなりの部分を
 助けてくれるため、その都度挙動の修正がほぼ要らなくなる印象
・倒しこんでも安心感があるのはサスがしっかり仕事をしている感じ
・強いブレーキング時はあくまでもテレスコなので、テレレバーに比べたらやはりノーズダイブは避けられない
・が、間違いなく電子制御にてその挙動が抑えられているのが分かる
・コーナー手前でのブレーキングによるノーズダイブからの復帰が早く安定を保ったまま入れるのは秀逸だと思った
・すべてに挙動において軽いハンドリングがテレレバーとの明確な差


お昼のカキフライ定食。まさにDYNAMIC MODE

Imgp9482_2



ライディングモードの比較
・RAINモード
  発進や加速が安定する。言い換えると凄く遅くなる。
  確かに路面がウェットの場合は安心であるが動作がワンテンポ遅れる為、慣れが必要。
・DYNAMICモード
  通常はこれがRSの真価を一番体感できるはず。
  スロットルがセンサー式のためワイヤー式に比べダイレクトに反応してくるため、
  ワインディングでスロットルワークを間違えると元気良すぎてひやっとするかも。
  遊びが無くなるイメージ。


左奥・・ミックスフライ定食
左手前・・天ぷら定食
右ふたつ・・カキフライ定食(コロッケじゃないよカキフライだよ)

Imgp9485


その他
・うまくなった?と錯覚する位、Uターンがしやすい。しかもかなりタイトな半円で回れる。 (リアブレーキ使用)
・燃料タンクの注入口の中の筒が黒い塗装のため光の加減によって燃料がどこまで入ってるのか全く見えない時がある。
 取説によると満タンは筒の下まで、と明記されている。
 そこのラインから噴出すまで僅かしか無い為、慣れないとお漏らしするかも。
・R1200Rのタンク容量は17リットルだったが実際20リットル程ほど給油できたため400kmは無給油で走れたものの、
 RSは18リットルで完全に満タンになってしまうため1回の満タン航続距離は400kmを割ってしまう。
・キーレスのキーのBMWボタンと矢印ボタンが何に使用されるのか未だに分からない。
・4,300rpmを超えたあたりからエンジンの微振動が直腸を狙い撃ちしてくるが疲れた時はなかなか心地良い刺激である。
・雨走行も大変安心できる性能。
・強い雨天時はスクリーン直下のインパネにも水滴が付く。
・その水滴がMODE表示のところにくるとRAINに切り替えたくても見えなくなってしまうくらい表示が小さい。
・凝った造形のため洗車はしにくい。


たまには撮ってもらう側に。

Imgp0023



看板がなぁ・・

Imgp9513



涼しげな濁流をご堪能下さい。

Imgp9502



結構ギリギリまで行きますねえ~怖くないですか~

Imgp9494



福島県は涼しかったです。

Imgp9491



カッコよく撮れ、と言われるのですが、

Imgp9507



私は下から狙う変態キャメラマン。

Imgp9508






Imgp9438


本日の走行距離約400km。

banbanさん写真ありがとうございました~


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年6月28日 | トップページ | 2015年8月8日 »