« 東京モーターサイクルショー2015で見たR1200RSほか | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその② 高千穂峡・天岩戸 »

2015年5月14日 (木)

2015GW 九州西日本ツーリングその① 別府・阿蘇ラピュタの道

今年もGWを使い大規模ツーリングの念願叶いました。

いつも通り溜まった代休を駆使して4月30日~5月10までの11日間、
以下の行程で回って参りました。

1日目:茨城~大阪自走~フェリー別府
2日目:別府~阿蘇周遊~別府
3日目:別府~阿蘇~高千穂峡~宮崎
4日目:宮崎~霧島~鹿児島~熊本
5日目:熊本~長崎~軍艦島~佐賀
6日目:佐賀~下関~角島~秋吉台~門司
7日目:門司~唐戸~柳井~フェリー~道後
8日目:道後~しまなみ海道~城崎温泉
9日目:城崎~舞鶴~福井~九頭竜~下呂
10日目:下呂~松本~草津
11日目:草津~横川~茨城自宅

一生で一度あるか無いかのロングでした。

全走行距離は約3,600km、事故・故障・検挙・立ちゴケ無し!
egオイルもFullでスタートでしたが帰ってきたら窓の下ギリギリまで無くなってました。
そしてお金も無くなりました。しばらく休日は引き篭もりです。


その①として、初日・2日目を書いていきます。

まず事前準備として体力の落ち込みとわがままボデーになっていく怠惰な自分を
改善すべく、妻と3月からジムに通いツーリングに向けた体造りを行う。
有酸素と筋トレに勤しみ、食事制限、プロテインとサプリ漬けの日々となる。

ツーリング先でも飲んでないと不安なのでこんな小分けにして持っていこうと・・

→結果・・面倒でほとんど飲まない

Imgp7212

ちなみにプロテインも持って行ったけど・・

→結果・・ほとんど飲まない(妻は2回位飲んでた。体力回復を目的に)

しかしトレーニングの効果は絶大で長距離やると体のどこかしらがイタイだの始まるのが、
全く痛くならないどころか、まず疲れというものがやってこない。
1ヶ月で3kg以上の減量効果もあってか、初日の650kmすら特に何も感じないほどの
驚くべき成果を見せた。

なおトレーニング内容
・30分以上のマシン筋トレ(上半身6、下半身4の割合)
・30分の有酸素×2セット(60分以上は行わない)
・運動後30分後位にホエイプロテインを無調整豆乳で割って飲む
・たまにゆで卵1個、カルシウム入りのベビーチーズ×2~3個(夕食)
・1日トータルで1,500kcal程度の食事制限
・ジュース、スポドリ原則禁止(飲む時はクエン酸が多いものを選んでいた)
・朝、昼は積極的に野菜を食べる
・明らかに不足する栄養素をサプリで補う
※ジムは週4~6回通う

減量を始めると筋肉から落ちるためリバウンドのしやすい体質になりがちなので、
筋トレ重視で行ったところ、筋量を落さず減量に成功した。
目標まであと-8.5kgを年内かけて頑張ろうと思う。

ジムの常連さんの立ち話
A「最近は筋肉と会話をしているんですよ」
B「その会話に是非僕も混ぜてもらいたいすねぇ~(羨望)」

本気で笑わしにかかってきてると思ったが、この台詞が脳裏に焼きついて
最近それがどういう事なのか少し分かってきた。

大幅に脱線しましたすみません。



◆1日目:4月30日(木) 晴


AM4時出発。平日なので大規模な渋滞も無く気が付いたら大阪南港に到着してしまった。

2015gw_171


2回目のさんふらわあ。今回は2人用の個室が取れた!スタンダードというやつだ。

そして去年は「あいぼり」でしたが、今年は「こばると」です。

Imgp7226

六時頃と案内されていた乗船がバイクからとなったため、5時には開始。

早く乗船できたため食堂一番乗り~

Imgp7237

久しぶりの豪勢な食事に恐怖と戦慄、そして安らぎと不安を隠せない。

Imgp7238

いろいろ頑張っておられるようでした。

Imgp7235

スタンダード客室の内部。きっつきつ。
隣と後ろの部屋の会話が完全筒抜けの防音で草。声出したらばれます。

Imgp7239

出航19:05 定刻。

出航まもなく風呂に行った為、揺れる浴槽は楽しめませんでした。

Imgp7275

22時頃、さっさと就寝。 走行距離 650km。



◆2日目:5月1日(金) 霧のち快晴

5:45 日の出。

Imgp7285

船から見る朝日は格別なんすよ。「1日の始まり」を強く感じるんで。

Imgp7311

6:40 別府観光港入港。下船準備で慌しくなる。

Imgp7315

7:00頃 下船開始。

2015gw_183

下船したバイクが散り散りになっていく。

私達は去年のリベンジをしに阿蘇へ向かう。

別府から県道11号線にてやまなみ街道へと入る。
湯布院を経由せず旧道で峠越えしたのだが、ばっちり険道で早速洗礼を受ける。
(前日の雨の落ち葉とコケでつるっつる)

標高が上がるにつれて重い霧もついて来ず晴れ渡った。

Imgp7330

阿蘇中岳の噴煙が見える。あの灰が流れている方角に行くのだが・・

Imgp7345

来ました!「ラピュタの道」です!

Imgp7360

すっかり観光名所となったようで・・

Imgp7355

バイクなら停めるところには困らないでしょう。

Imgp7357

これから下に見える道を下っていくのかと胸熱。

Imgp7382

多少霧が出てるほうが雰囲気はありそうですね。
正面のは霧ではなく中岳の噴煙です。

Imgp7395

Imgp7388

!?

Imgp7378

この道を下っていきます。

途中いくつか写真ポイントがあります。

たまに2本足で歩くもんだから手と脚が同じになる。

Imgp7401

少し異国の雰囲気(異国は知りませんが)

Imgp7407

平地に降りたあたりから雪のようなものが・・これが火山灰です。
道路に積もった灰をクルマが巻き上げて大変な事になっています。


昼食を阿蘇ファームランド近くの「バイエルン」さんで頂きました。
お店の入口は工場の奥側です。

Imgp7428

自家製ハムやソーセージのお店でドイツでも賞を取られている名店のようです。

Imgp7429

メニューにいろいろありましたが、お勧めは盛り合わせです。
これで2人前2,000円スープ付き。見た目少ないですが優しい味のドイツパンと
食べると結構腹にきます。

Imgp7438

生ハムサラダ。生ハムウマすぎ。

Imgp7436

灰でこんなになります。
風向きでとこに飛ぶのか分からないらしいですが2日間でこの有様との事でした。

Imgp7417

Imgp7418

そしてまた別府戻るのですが灰がどんどん濃くなって一番酷いところでは
道路のアスファルトが灰で見えないくらい堆積していましたが通行禁止にもならず
普通に走っていました。

バイクのきついところです。徹底的に灰を吸って、被りました。

やっと灰が落ち着いたあたりでの撮影。バスが巻き上げる灰はこんな感じです。

Imgp7439

ウェアも灰だらけ。

Imgp7443

風上の大観峰へ。灰の無い方角は空気がうまくて。

Imgp7448

噴煙が相変わらず良く見えます。

Imgp7456

阿蘇周遊楽しめました。もう一度は来たい所です。

鉄輪に戻り、宿泊先で夕食。

「きらく」さんで、とり天コース。一泊二食付き。砂風呂や蒸し風呂、家族風呂があります。

旅館の方が英語で案内などしてて随分と外国のお客が増えたんだなと実感。

Imgp7503

夕食の前にいつもの鉄輪蒸し湯でバッチリ汗かいてきました。ここは最高です。

去年より薬草の匂いが弱まった気が・・しかし熱い湯は現在も尚!

翌日の朝も1回入り鉄輪を満喫。

2015gw_200

別府は足湯まで源泉。

Imgp7537

鉄輪の目当てにコイツラがいるのだが数が少なくなったうえ、人に凄く警戒心が・・

Imgp7559



もう2日間が経ってしまった・・

明日へ。

|

« 東京モーターサイクルショー2015で見たR1200RSほか | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその② 高千穂峡・天岩戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/61588216

この記事へのトラックバック一覧です: 2015GW 九州西日本ツーリングその① 別府・阿蘇ラピュタの道:

« 東京モーターサイクルショー2015で見たR1200RSほか | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその② 高千穂峡・天岩戸 »