« 2015GW 九州西日本ツーリングその⑥ 道後 | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその⑧ 下呂 »

2015年5月22日 (金)

2015GW 九州西日本ツーリングその⑦ しまなみ海道・城崎

◆8日目:5月7日(木) 雨のち晴、その後曇、夜に雨

天気が周期的に変わる。相変わらず予報は当たらないまま。
こちらはまた朝から雨でもう出番は無いと思っていた合羽を着込む。


なぜ道後に宿をとったのか、という理由だが温泉はもちろん、去年はルート計画上断念した
しまなみ海道を走りたかったからだ。

Imgp8614


道後の町並みを後にして、しまなみ海道に着く頃はなんとか陽が見えてきた。

Imgp8613_2

ここもライダーなら一度は走ってみたい場所だろう。

西瀬戸自動車道というのが正式名称で瀬戸内海の島を経由し本州の広島県尾道市へと繋がっている。

有料道路なのでICが存在するが「ハーフIC」なので出口or入口しかない場所もある。
大きな島だとそのようになっているようだ。

平日なので道路はガラガラ。まず大島南で降りて亀老山展望台へと向かう。

Imgp8620


道路状態も良く結構な標高をどんどん上がっていく途中の絶景ポイント。

現在8時位なので展望台へ向かう交通量は皆無。

何事もそうだが私達のツーリング常に「早起きは三文の徳」の元、行動する事が多い。

朝にしか出会えない景色や空気、空いている道路と早朝はとにかく良い。

Imgp8623


雨上がりの澄んだ空気を吸い込む。

Imgp8625


山頂の展望台駐車場に到着。バイクとしまなみ海道を一緒に。

Imgp8630


駐車場はこんな感じでバイク用スペースは無いので好きな場所に停める。
大型バスも収容できる場所もあってシーズンは結構来るのでしょうかね。

Imgp8634


まだ開店してなかったが売店も。

Imgp8636



意匠に凝った物凄く立派な展望施設がある。

Imgp8643


こういう場所でこういう施設を見ると職業柄、作るにあたっての苦労や問題があれこれ思いついて、
純粋に楽しめず嫌になってしまう事がある。

Imgp8642


関東某所に比べて数が少ないので願いが叶いそうではある。

Imgp8663


晴れていたらこの展望台へ訪れて絶景を堪能して下さい。お勧めの場所のひとつです。

Imgp8659


眼下に見える愛媛県今治市。

Imgp8655


夜もキレイでしょう。ここなら口説けそうですね。

Imgp8665


潮の流れがよく分かる。今見えている橋を渡ってきました。どの橋も絶景でした。

Imgp8657



次は大三島まで行って「伯方の塩」で有名な伯方塩業の工場見学です。
こんな所にあるんですね。

予約無しでも受付okかつ無料なのが嬉しいところ。詳細はwebを参照下さい。

Imgp8670

工場もまだGW期間中で休みでしょうか、見学は可能でしたが操業はしていなかったようです。

塩を作る過程は撮影禁止なので現地でお楽しみ下さい。
伯方の塩ってそういう風にできているんだと良く分かります。

Imgp8671

受付で簡単なアンケートに答えて(個人情報無し)貰える工場見学の楽しみのひとつであるサンプル品は当然、塩。
色んな塩のサンプル詰め合わせでした。なんかこういうの嬉しいです。


お土産売店も併設。全て伯方の塩入り。って当然かw

Imgp8673


是非食べてみて下さい。ミネラル味がします。夏の熱中症対策になるかな?
ツーリングで来たらそれなりに楽しいと思います。

Imgp8678


工場を出発し後はひたすら走ります。

(大三島の道の駅で購入)

2015gw_372


なんかまた曇ってきました。

Imgp8681


橋も見納め。しばらく海から離れます。

Imgp8689

本州、尾道に入り平日の高速道路代を節約すべく国道2号線を延々と東に進む。

交通量は多いといっても流れるので思ったよりは時間がかからないが半日近く走り倒して、
分水嶺越え、兵庫県豊岡市へと向かうが全く土地勘の無いこの辺りで少し迷う。

結局時間の関係から、播但連絡道路(有料)を使い北上する。

和田山ICで降りて城崎温泉までの一般道だが、流れがマイペース過ぎて信号待ちで追い越しても追い越しても、
新たなスローペース車に次々にブロックされ、ここで大幅なタイムロスを強いられる。

朝、6時に出発し城崎温泉到着は17時30分頃。
寄り道もあったが久しぶりに時間配分を間違えた感じだった。

つい最近、号泣議員のノ○ムラ氏で有名になってしまった城崎温泉だがカニと温泉の
名勝地である。

Imgp8733


はずれの方にある「つるや」さんに宿泊。
構えは微妙だが、建物内の清掃状況は特筆すべきものがあって廊下の床には
ホコリひとつ無くピカピカ。
共同だがトイレも広くキレイに清掃されていた。
何事もトイレがキレイな施設は安心できる。

Imgp8750


近隣の旅館に宿泊すると入湯手形(首から提げるバーコード)を貰えるので、
数件ある入浴施設でリーダーにかざすと入れる仕組み。(期間中、何回でも何処でも入湯可)

旅館に風呂が無いので、浴衣で外湯巡りが基本スタイルとなる。

Imgp8714


宿泊客は旅館の下駄やサンダルで歩くのだがカランコロンとそこいらじゅうで鳴る心地よい音は
城崎温泉ならではないでしょうか。

Imgp8738


旅館の夕食。

Imgp8691


豚しゃぶコースにしましたが、普通しゃぶしゃぶというとペラッペラの肉が出できますが、
ここのは肉厚で味が濃厚なので見た目少ないですがおなか一杯になります。

Imgp8694

愛想の良い奥様と関西圏特有の元気あるご主人で切り盛りしているようでした。
ご主人の「良い意味」でしつこい気配りが名物でしょうか?
久しぶりに関西圏まで戻ってきたな、という実感も出できました。

なお、バイクはこんな立派なガレージwに停めさせて頂きました(歩いて1分、Tの方)

Imgp8755


この晩で4箇所の湯に浸かってきました。

だいたい外湯を回る順番が同じなので脱衣場で見る顔がだいたい同じになります。
言葉からしてEU圏のお客さん2人組も毎回風呂で石鹸つけて体洗っててワロス
しっかり掛け湯から、脱衣場に上がる前に手ぬぐいで体をふき取り、桶を戻すあたり
手馴れててワロス
湯に浸かってる時間が猛烈に短くてワロス
それに比べ50代くらいのオッサン4人組が大きい声で騒ぐわ泳ぐわ他の客いるのに写真撮りまくるわで、
もうどっちが日本人だよって。

2015gw_396


翌朝、昨日は定休日だった一番人気と言う「御所の湯」へ。
尚、その日一番の客には一番札という木の板が貰えますので是非並んでみてはいかがでしょうか。

2015gw_400

一番人気だけあって確かにここが最も良かったです。これで外湯5箇所入りました。

城崎もまた道後と同様、雰囲気を楽しむ温泉地と感じました。



本日の走行 423km。


|

« 2015GW 九州西日本ツーリングその⑥ 道後 | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその⑧ 下呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594251/61625820

この記事へのトラックバック一覧です: 2015GW 九州西日本ツーリングその⑦ しまなみ海道・城崎:

« 2015GW 九州西日本ツーリングその⑥ 道後 | トップページ | 2015GW 九州西日本ツーリングその⑧ 下呂 »