« 2014年4月20日 | トップページ | 2014年5月6日 »

2014年5月 5日 (月)

2014GW 九州四国ツーリングその③ 熊本へ

つづき。

◆4月29日(火)

天候は曇。

今日は熊本を目指します。
Photo_4

先日の雨もとりあえずは止んだ模様。

Imgp1216_2

雲仙方面から天草へ抜けて熊本市内へ入りたいと思います。ホテル出発は9時とゆっくり。

まずはやってきた小浜温泉。

Imgp1247

排水溝からもうもうと湯気が。温泉街の風景ですねえ。

Imgp1246

日本一の足湯があるらしいです。何が「日本一」かは探求しませんでした。

Imgp1266

全て掛け流しとは贅沢です。

Imgp1265_2

気になる案内の先は・・

Imgp1267


ここかww

看板のお姉さん生脚チラ見せサービスするから来ちゃったよw

Imgp1268


もちろん入りませんでした。興味は大変あるのですが・・

近くの食堂ですが、このカニを専用の温泉で蒸して頂くそうです。

Imgp1271

うまそう。今思えば食べておけば良かったと後悔。

Imgp1273

売店で人気のミルクセーキ。量が多い。

Imgp1277

立ち寄りでひとっ風呂。蒸気家さん。400円。地元の人に聞いてここに来ました。

Imgp1254

掛け流しだが源泉温度が95℃~105℃と熱湯なので加水してあるそうです。

海の近くの温泉らしく塩泉でした。

Imgp1248

どこの宿も源泉を持っているようでした。

蒸気で火傷するレベル。

Imgp1251

そんなに捨てるくらいなら少し分けて頂けないでしょうか。

Imgp1260

近くの神社跡へも行ってみました。雰囲気抜群。

Imgp1243

資料館のようなものもありました。有料でしたので手前から覗いてきました。

Imgp1233

大きな観光ホテルは廃業してましたが、良い温泉があっても現実は厳しいようですね。

小浜温泉を後にして、口之津港を目指します。道中、眼下に海を見下ろしながらの軽快路です。晴れていればおススメの道です。

調子に乗っていい気分で走らせてると通貨してしまいそうな口之津港。

天草方面へ連絡する島鉄フェリー乗り場。

Imgp1282

予約はできず先着順での受付。車検証のコピーを提示すると話が早く進みます。

片道30分で大型バイク+人で1000円と安い。便数は多いのでそんなに焦らなくても良いと思います。13:20出航の便です。

乗込み場所が少し難なので立ゴケ注意ですね。(真横に曲がる必要あり)

Imgp1280

桟橋が雨天時はつるっつるなので桟橋上での方向転換やバイクはあまり寝かさないほうが無難でしょう。桟橋手前の四角いエリアは伝染病防止の絨毯。

妻「過去にここで転倒した人とかいますか?」

案内のおっちゃん「いるよ!1年前位に!」

Imgp1281

本ツーリング2回目のフェリー乗船。

緊張をよそに無事乗船し出航。さようなら長崎県。

Imgp1284

反対側の同船です。

Imgp1286

鬼池港着。大丈夫なんすかこれ?

Imgp1289

熊本県上陸!少し晴れてきた!道路づたいより船は上陸感があって実によろしい。

Imgp1294

少し走って遅めの昼食。福伸さん。橋を渡ったりなんだりと少し分かり辛いかもしれません。

広いので駐車場には困らないでしょう。

Imgp1312

海鮮丼。1600円。このボリュームなら安い方ではないでしょうか。

Imgp1302

福伸御前。1600円。

Imgp1301

馬刺し三種食べ比べセット。1600円・・でしたっけ?

光の設定間違えました。

Imgp1297

いろんな人から熊本行ったら馬刺しは必ず食えと言われた理由が分かりました。

とても哺乳類の生肉とは思えない肉質感と独特の味わい。霜降りについては魚と脂の性質が違うとは言え口の中でとろけそうでした。

メニュー。

Imgp1307

Imgp1306

店内には生簀もありイカや鯛は注文後生け捕りのスタイルのようでした。

昼から贅沢をさせて頂きました。

天草五橋を渡り、熊本市内へ向かいます。

Imgp1310

やっと満足に走れるコンディションになってきたので道中の写真はありませんです。

さっき食べたばっかりだが市内で夕食を済ませていかないと駄目なところに宿を取ったため、熊本出身の先輩に教えてもらった熊本ラーメンの黒亭へ。

Imgp1313_2

2組待ち位で入れました。

Imgp1316

ラーメン。香ばしい香りが食欲をそそります。麺は中細麺。スープは思ったほどしつこくなくむしろ見た目よりさっぱりしていました。

煮豚ではないしっかりとした焼豚なのが好感持てました。

Imgp1317

食べて終わった1日ですが、ツーリング来たら重要ですよね。

宿泊は肥後大津駅前のルートイン。そう、ここでルートインパックの優待券を使うのですよ。

2名分なので6000円分の優待券使用し11400円マイナス6000円となります。

ここのルートインの大浴場は温泉でした。一応掛け流してある表記は脱衣場にありましたね。

本日の走行189km。天候も距離も不完全燃焼。

その④へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014GW 九州四国ツーリングその② 長崎グラバー園ほか

つづき。

◆4月28日(月)

定刻で別府港到着。天候は大雨。

初九州上陸でしたが天候悪すぎて写真なんぞ撮ってられない泣

時間も早いため、どこかで寄り道をしようと思ったが、大分道での大雨・暴風・濃霧と九州は修羅の国かと思わせる悪天候により一気に反対側の長崎方面へ向かう。

Photo_2

久留米を過ぎたあたりから少しずつ雨足は弱まってきた。
Imgp0951

本来は佐世保より大村湾の西側を通って長崎入りする予定だったが、法廷速度-10kmでペースを作る地元のクルマで時間が相当狂ってしまったため佐世保すら到達できず途中でUターンをして高速道路で長崎入り。
佐世保バーガー食って九十九島行きたかった・・

早々とホテルにチェックイン。
バイクが停められる&市内観光が徒歩圏内という事で、長崎ワシントンホテル。
バイクは1泊500円。雨なのでこういう場所はありがたく有人管理です。
客室の設備は相当な時代を経てきているものと思われるため、ホテルとしての設備を求める方は抵抗あるかも知れませんね。(特に水まわり。写真自粛。)
Imgp0955

昼食は中華街の紅山楼でちゃんぽんと皿うどん。
とりあえず現地で食べたという事実が欲しいのです。
個人的には皿うどんの方が好きです。

Imgp0957

雨が強くなる一方だがオランダ坂とグラバー園へ。
Imgp0960_2

活水女子大という大学へ向かう道でした。よそ見してると通り過ぎてしまいそうなところ。
オランダ坂は雨で濡れた石畳の方が趣があるという事なので良かった?のでしょうか。

Imgp0962_2

石垣が良い雰囲気。
Imgp0967

東山手甲十三番館。
Imgp0974

Imgp0975

室内はカフェになっていましたのでコーヒーとカステラを頂いてきました。
Imgp1007
Imgp1008

Imgp0986

Imgp0996

雨の長崎。
Imgp0990

活水女子大学入口付近。
Imgp1009

東山手十二番館・・だったと思います。
Imgp1031

良く見かける方のオランダ坂。
当時外人さんは全て「オランダさん」と呼ばれていたため付けられた坂の名前だそう。

Imgp1039

転がり落ちたら止まらないであろう急勾配。
ウェットでギャップだらけなこの道はバイクでは恐怖そのもの。
Imgp1035

う~ん・・水戸のゆるキャラだったような・・
Imgp1037

少し歩いてグラバー園へ。
斜めに上がるエレベーターがあります。(スカイロード)
坂の多い長崎での地元の道路にもなっています。(観光専用では無い)
グラバー園の裏から入る際は少し分かりにくいですが案内の看板がありますので見落とさないように~

Imgp1041

5階まで上がると今度は垂直に上がる普通のエレベーターがありますので、これに乗ります。
Imgp1047

本当に坂が多いです。晴れていたら長崎港も眼下にさぞ綺麗だったでしょう。
Imgp1043

グラバー園入口(第2ゲート)、料金と開園時間は以下の通り。

Imgp1046

そもそもグラバー園って?
”グラバー園は国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。”
との通り、古い洋館を集めた観光施設です。

洋館好き、カメラ好きには飽きない施設でしょう。
見つけると恋愛が成就するという園内の2箇所にあるハート型の敷き石を探したり、とツーリング団でぞろぞろ行くには少し雰囲気が違いますが名所だけあってお勧めです。

雨の雰囲気が建物に良く合いました。
少し載せてみます。
Imgp1084

ほとんど全ての建物に入る事ができます。
Imgp1098

全て形状の違うチェアとソファ。まさに西洋というデザイン。
Imgp1082

Imgp1103

Imgp1109

Imgp1110

右の扉は食品などの保管庫のようです。岩に直接加工しているように見えます。
こちらは立ち入りができずカラーコーンも風景には台無しです。
Imgp1111

Imgp1118

旧グラバー邸。
Imgp1128

Imgp1141

Imgp1150

こちらは厨房。カメラが防滴使用なので雨で濡れても気にせずガンガン撮る。
Imgp1154

珊瑚や貝を使用した装飾が多く見られました。
Imgp1149

個人的に非常に気になった軒天井。
相当高度な技術が必要なものです。
Imgp1167

Imgp1177

池には錦鯉が。
Imgp1055
Imgp1187

グラバー園を後にして大浦天主堂はすでに閉園。またの機会に。
Imgp1204

お土産店が併設された長崎歴史資料館。
鯨の文化が根付いているようですね。
Imgp1194

長崎に来たのだから軍艦島は行きたかったが時間も予算も天候も都合つかず。
Imgp1198

グラバー園から階段と坂を下った所にあるお土産店が充実しているのでここで大体は済むでしょう。
長崎堂でカステラ買いました。

ちゃんぽん以外に何か名物は無いのか、と調べているとお土産でもあるように「あご(トビウオ)」が産物さらしく、さらにガイド本などに「あごだしラーメン」というものがあるよう。

Imgp1211

食べてみた。
あごだしラーメンとあごめし。
Imgp1208

そして鯨の竜田揚げ。
Imgp1209

あごだしラーメンは、煮干をもっと濃厚にした感じで、さっぱりだがダシがガツンと効いているという印象です。
あごめしは大変美味でした。ラーメンほどダシダシして無いもののしっかりその味は効いています。これだけでオカズいらないです。

鯨は随分と久しぶりでしたが、こんなに柔らかかったっけ?という位ジューシーで美味しかったです。
獣と鳥と魚の中間で6:3:1という味の構成のように思えましたが臭みは無いです。

店で見た絵ですが、先程の鯨がいます。
調べていませんが行事かお祭りのようです。
Imgp1210

長崎の夜は今日も雨だった、というオチつけて中華街にあるホテルへ戻りました。
(もちろん夜景は×)

本日の走行距離345km
Imgp1213

こちらは翌朝ですが、散歩していたら出島が近くにありました。
とは言ってもすでに町に取り込まれているようなので全様はイマイチですが・・
Imgp1224

見える石垣が復元されたものらしいです。
向かって左側が海だったようですが面影もへったくれもありませんね。
Imgp1225

Imgp1232

市内そこらに走る路面電車。
Imgp1219

街中に吊り掛け駆動の音が響きバイクも併走できる数少ない町。
雨の日は路面電車のレールで滑らないように!

長崎を発ちます。

その③へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014GW 九州四国ツーリングその① 別府行さんふらわあ

予告通り九州・四国とツーリングに行って参りました。
私どもも計画にするにあたり、皆様のブログを情報源にしましたので今後ツーリング計画される方の参考になればと思いまとめてみます。

今回走った大まかなルートです。
(凡例:→バイク ⇒フェリー)

1日目:東京→大阪⇒別府(フェリー泊)
2日目:別府港→長崎泊
3日目:長崎→雲仙方面→口之津港⇒鬼池港→天草→熊本泊
4日目:熊本→阿蘇→湯布院→別府泊
5日目:別府→佐賀関港⇒三崎港→カルスト→高知泊
6日目:高知→桂浜→香川坂出市→徳島泊
7日目:徳島⇒(フェリー泊)
8日目:⇒東京

◆4月27日(日)

一番混む大阪までこそフェリーを使いたいところですが、コストがかかりすぎるなどの理由で自走にて大阪ATCまで突っ走る。
Photo
いつもの通り四日市あたりで混んでいたので名神経由にて。
途中少し寄り道をしたため実際の距離は615km。最近大阪は近い。

大阪ATCフェリー乗り場はアウトレットやらの駐車場待ちの車列で紛らわしいですが、脇を抜けて到着しました。(赤の矢印)
Atc

一番乗り。
Imgp0836

さんふらわあです。実はバイクでフェリー初めてなのです。
Imgp0843

往路のフェリーチケットはクルーズシステムのこのプラン のツーリストベッドにしました。
どこかでルートインでの宿泊を考えれば一番安いのでは?

但し代金は全て銀行振込でカードは使用できません。
基本料金\13,300+バイク航送料金\5,380=\18,680/人(※時期により当然変わります)
19:05大阪出航-翌06:55別府着(※曜日により到着時間がかなり違います)

乗り込み口の難易度低。波状路ですが初心者レベルでも問題無いでしょう。
Imgp0839

事前に届く乗船券引換券を持ってATC2階にあるターミナルで乗船名簿に記入し受付します。
(受付は16時から)
出航時刻の90分前には乗船手続きを済ませるようにと案内が来てましたが、そこまでシビアでは無いような感じでした。
(出航ギリギリで到着している人もかなりいた)
Imgp0858

この後、さらに台数は増えました。
Imgp0866

近くで見ると大きいですね。
Imgp0869

乗船開始は18時頃でした。トラック・コンテナから乗船し4輪のあとにバイクです。

緊張してバイク駐輪場所を撮り忘れ。
係員の誘導があるので迷う事は無いです。
さっさとフェリー用の荷物を降ろして船内に退避しないと、どんどん固縛されてしまうので、
ちんたら荷物整理などしてる時間はありません。
(※当日乗船するとリアシートに積載しゴムで固定しているバッグ類は全て外して床に置くよう指示がありましたので、さんふらわあ乗船の際は対策をしておいて方が良さそうです。
理由は最近航行中に転倒があったため、との事でした。家財道具一式山積みにしてるハーレーを見かけますが、ああいうのはどうするんだろう。。)

当日の宿泊部屋。
12人部屋でしたが私たち2人のみの使用。室内に洗面台等はありません。
AC100Vコンセントは各ベッドの照明器具にありますので最低限の充電は可能でした。
Imgp0936

まず混む前に食事へ。
バイキング方式、\1,560円/人。う~ん元は取れない感じですねえ。
Imgp0894

メニューにはご当地のモノもあります。Imgp0879

老人会っぽい団体と乗り合わせたため、あっという間に食堂は満席・行列に。
Imgp0884

生ビールはサッポロとアサヒ。\500にて注ぐ向きが変わる自動サーバーでセルフ。
(飲み放題ではありません)
自販機のアルコールは陸上と同じ額で購入できるので、飲む人はそちらをお勧め致します。
Imgp0881

少し船内の様子を。
Imgp0933

食堂。
Imgp0949

通路や売店の並び。
Imgp0898

ゲームコーナー。非公認が一番ハバを効かす。しかもアウェー
Imgp0899

数々のさんふらわあグッズ。
Imgp0890

Imgp0935

ベッド。結構フカフカで思いのほか良く眠れた。
Imgp0938

瀬戸内海航路のせいか、それほど揺れも無く快適でした。
明石海峡大橋です。手持ち三脚なし、自分が動いている環境で必死に撮った。
Imgp0920

大浴場もありますが流石に人がいた為、写真は撮れませんでしたが船の揺れに合わせお湯も揺れ浴槽内で自分が流されるのは楽しかったです。

翌朝。九州はすぐそこだが雲行きが悪い。
Imgp0946

その②へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月20日 | トップページ | 2014年5月6日 »