« 2014年4月14日 | トップページ | 2014年5月5日 »

2014年4月20日 (日)

2014.4.19 霧降高原~塩原

来週からのロンツー練習とタイヤ皮ムキのため、去年と同じ時期に走った表題のルートへ。

ルートはここの2日目 と同じです。
今回は日光側から入り塩原へ抜けました。

日光宇都宮道路にはまだ桜がちらほら。F800STの傍らにいるのが自称「ツーリスト」。

_igp0742_2
_igp0745_3

2014年初ワインディングは霧降高原道路。
去年より暖かく(温度計読み11度)、雪も道路上には残っていない。
_igp0749

ここに来る時はいつも天気に恵まれている。
_igp0750

交通量も少なく快適でした。

_igp0757

組み合わせが?な2台。
長距離向きでないロードスターであえて長距離ばっかり。
_igp0761

前回、前々回とメッツラーZ8Mでしたが新タイヤANGEL GTはいかに。
ピレリというとレースの方ではいい話を聞かなかったりとありますがインプレは後半に。
_igp0762

大笹牧場は通過しそのまま川治ダムへ。

_igp0764

もう随分な回数きたところ。売店と食堂は閉まっていました。
_igp0765

何やらミーアキャットみたいなのが写ってますが・・
_igp0773

ダム堤体の上を走り、日塩もみじラインに入ります。
バイク@410円の有料道路ですが、その価値はある道路だと思います。
途中、雰囲気抜群の寺の湯があったりとその他の魅力も満載です。

去年、ハンタマあたりで気温2.5度でしたが、行った日は6度とブラックバーンにビクビクする事無くかなり快適?でした。

もみじラインの九十九折45箇所も堪能しながら、温泉好きなら是非立ち寄って頂きたい所がここ。
_igp0778

掛け流しの湯が冷えてきた体を溶かしてくれます。
HP見たよ!で割引はまだ実施されていました。800円→600円です。
http://gensenkan.com/

建物内の浴場は入ったこと無いですが、外にある内湯と露天だけでも充分満足。
露天は相変わらず湯温低めですが、ゆっくり浸るのもいいでしょう。
_igp0802

湯上りはすぐ下の渓流で休憩。
_igp0779

いつものコースを楽しみ、塩原方面では満開の桜も見られました。
_igp0805

いつも混んでいる道ですが今日は何故か交通量が少なく快適でした。
_igp0807

真ん中だけ減るタイヤを見てる。これで九州四国を走りきる予定。
妻もZ8Mだがライフ17,000kmとか走る。
_igp0812

千本松牧場に立ち寄る。

牧場と言えばラーメンライス!・・・・
_igp0814

・・では無く、よくあるカット
_igp0817

鉄串に刺して豪快に直火焼、むさぼり食いたいカテゴリ。

_igp0816

西那須野インターから家まで休憩無しで帰宅。
450km、平均燃費19km/㍑位。
天気にも恵まれ久しぶりにまとまって走ったなあ~という満足のいく一本でした。

タイヤのインプレ。
メッツラーZ8Mと比較しての感想となります。あくまでも私見にて。

一言で言うなら”軽快”。
Z8を重装甲とするなら、A-GTは非常に俊敏な足軽隊というイメージ。
接地感はZ8に軍配が上がるが、フットワークの軽さならA-GTが上。
とにかくバイクを倒しやすい。思った以上に倒れこんでくるのでツーリングタイヤに慣れていたら慣れが必要そう。
峠も攻めたい、むしろそこを楽しみたいというツアラーにはお勧めな印象。
クイックイッと小気味良くターンしてくれるのは非常に気持ち良く、ウデが上達したかも?という錯覚を感じる事さえあり、お気に入りのルートでは今まで以上に距離を短く感じてしまうほどライダーを楽しませてくれるかも知れない。



全くの余談ですが、カメラを買い換えた結果、カメラバックが無い事に気づき(今までも一眼でしたが購入時付属のバッグで凌いでた)、この際揃えようと検討した結果、

Dsc04729

ノースフェイスのPADDED TOOL BOX Lサイズ を購入しました。

ショルダー式のバックですが大きすぎず、小さすぎずパニアケースに入る事が条件。
また、収納するものとして
・カメラ本体(PENTAX K-5IIs)
・レンズ(18-135mmズーム+50mmF1.8単焦点)
・カメラバッテリー充電器
・iPhone充電器
・インカム充電器
・ナビ(SONY U-37)※降車時外した際
・ナビの充電器
・財布
・家の鍵
などを一式まとめたくていろいろ探してたんですが、ロープロなどはプロ向け過ぎて価格もいいし、デザインも私のような素人にはまだ早い感じなので、たまたまネットで漁ってたらこのノースのがヒットして狙っていました。

_igp0824

全方位緩衝材入り、防水ではありませんが素材に多少の耐候製があり雑巾で拭けそう。

ツーリングバッグとしてノースのバッグを使用しているのでタフさは信用できます。

で、早速放り込んでみた。

Dsc04722


ギリギリw

こういう向きで使用となると、K-5IIsのコンパクトボディでさえきつきつだから、70DやD600/800などの大きなカメラはレンズをつけたままでは入らないでしょう。

寸法も確認し通販で購入できるけど、もし「入らない」のが怖くて実店舗の在庫を問い合わせるもなかなかLサイズもMサイズも置いている店に縁が無かったが、ようやくみなとみらいのMARK ISのお店に在庫ありとの事なので、カメラ持参で車でひとっ走り(という距離では無い)して、現物確認し買い!(ボーナス一括払い)
※問い合わせだけで取置しててくれた店舗様ありがとうございました

う~んこれでやっとまとまったぞ。
盗難に合わないよう注意せねば。


ここまで読んで下さいました方へ。

どうもお付き合いありがとうございました。

今後もこのような稚拙な文章と中身の無いネタを晒していきますので、どうかよろしくお願い致します。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月14日 | トップページ | 2014年5月5日 »