2017年8月15日 (火)

Automobile Council 2017

今年で2回目となるオートモビルカウンシルへ行ってきました。

新・旧車が並び普通の趣旨とは異なる展示会。

今年も幕張で開催されました。

◆8月6日(日) くもり

とにかく晴れない関東の8月。よってバイクにも乗れない、というか乗りたくない。汚れるから。

と、いう訳でメッセ駐車場に8時半頃到着。

去年もそうだったが、某G会のイベント?と同じ日のせいか、車のイベントに来るような車種とは程遠いノーマル系の車が異常に多い。
真夏にネクタイ締めて大変そうだ。

サロンやモーターショーとは違いまだまだ知名度は低く来場者も少ないたため、
比較的ゆっくり鑑賞できるのがいいところ。

P_k59664


そもそも、何のイベント?

”愛情を注ぎ続ける人、
心がわりをおさえきれない人。

クルマなんて走ればいい、
と思っている人でさえも、
この集いへお誘いします。

旧いクルマがたたずみ、
真新しい一台が誘惑する。

 
 
 

クラシックミーツ モダン。

懐かしさも、憧れも、
想い出も、未来も、
みんなここに集まります。


運命の一台に、
自動車文化の奥深さに、
会いにきませんか。”

との事です。

まずはマツダから。

P_k59615




今年はロータリー生誕50年なのでそれを主に画像を掲載していきます。

P_k59559

今回はマツダの説明員さんがREの歴史を説明してくれる券(記念品付き)があったため、
改めて勉強してきました。

何をどう勉強し、得た結果はこうだった、という面倒くさい事は全て省略し見た目にも優しい画像で進めていきます。


コスモスポーツ、10A(試作車)

P_k59560



リア。

P_k59562



エンブレム。シンプルだが斬新だと思う。

P_k59610



コスモスポーツ(量産車)

P_k59595



乗る事もできました。メーター周り、これぞスポーツというデザイン。

P_k59601


エンブレム。

P_k59607



サバンナ。内装に時代を感じる。

P_k59564



構造的な事、当時抱えた様々な問題と打開策も教えて頂けました。
ものづくりやこだわり、諦めない精神と、大変勉強になり参考になりました。

P_k59563



これを見にきた、CHARGE MAZDA 787B

P_k59567



言わずと知れた往年の名車、No.55、実車です。こんなに触れるほど近くで見られる機会も無く感動。

P_k59558



P_k59569



P_k59572


P_k59578


P_k59577


P_k59585

カウルを外してくれました。今日一番の人だかり。

P_k59591

かなり下にマウントされているのでローターハウジングははっきりと見えないものの、
コンパクトさに改めて驚き。

P_k59594



ここまで見たらエンジン音を聞きたいところですが、さすがに叶わぬ夢です。

P_k59592

その他、マツダブースはファミリアロータリー、メーカーリペアが始まったNAロードスター、が展示されていました。
RX-VISIONは場所の関係から今年は展示無し。

P_k59575



ホンダブースではNSXの展示をしてました。後方の赤いのには実際乗る事が可能で長蛇の列ができていました。

P_k59617

P_k59618


別ブースで見た、REルーチェ。

P_k59623


全般言えることだが、昔はエンブレムデザインが秀逸だと思う。

P_k59620

P_k59626

P_k59628

ランボルギーニのディーラーが出展。
カウンタック、ディアブロと私の時代、「スーパーカー」といえばこれ。

P_k59640


この4台で1億円超\(;゚∇゚)/

P_k59637

P_k59650

太すぎィ!

P_k59651



こう見えてジャガー。ジャグワー。

P_k59652

プリンス、スカイライン。

P_k59654

P_k59658

P_k59660

P_k59636


会場内はとても静かである。派手なBGMや、けたたましいショーは一切無い。

際どい衣装のおねぇさんも全くいない。

出展者と来場者がゆっくり会話を楽しむ、というのもコンセプトとの事。

新・旧の変移を楽しめ、時代を懐かしむ事もできる。

当時、手に入れられなかった苦労や馳せた想いも懐かしく感じる。

壇上に祭られて遠くから見る、という事も無く、ポンとそこに名車が停まっている。

メーカーやコレクターたちの見事な保存状態には脱帽するばかり。

タイムスリップ感、有ります。

他には無い純粋に車好きのためのイベント。




来年度の開催も決定しているようです。

たまには、ゆっくり車を観る、こういう展示会もいいのではないでしょうか。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

«BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017